Shinya Oguri (小栗真弥)

名古屋大学大学院 情報学研究科の博士課程在学中. 社会情報学専攻 情報社会設計論講座(Media&Design Group)に所属. 地域課題解決のためのデータ分析,可視化に興味があります.

Academic & Professional Experience

2019.09 ~ 金城学院大学非常勤講師 「国際情報演習」
2019.09 ~ 大同大学非常勤講師 「情報理論」「情報統計学」
2019.04 ~ 金城学院大学非常勤講師 「情報リテラシー」

Education

now 名古屋大学大学院 情報学研究科 社会情報学専攻 (在学中)
2018.03 名古屋大学大学院 情報科学研究科 社会システム情報学専攻修了 修士(情報科学)
2016.03 立命館大学情報理 工学部情報システム学科卒業 学士(工学)
2011.03 愛知県立半田高等学校 卒業

Published Papers(peer-reviewed)

2019.02 水野慎士, 小栗真弥, 小栗宏次, 安田孝美: “日本の伝統的住宅を用いたインタラクティブプロジェクションマッピング”, 情報処理学会論文誌デジタルコンテンツ(DCON), Vol.7, No.1, pp.22-32, (2019.2)
2018.08 小栗真弥, 水野慎士, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美: “複合現実(Mixed Reality)を用いた文化財建造物の活用に関する研究〜障子プロジェクションマッピングによる国登録有形文化財建造物活用へのアプローチ〜”, 情報文化学会誌, Vol.1, No.25, pp.11-18, (2018.8)

Conference Activities(peer-reviewed)

2018.08 Shinji Mizuno, Yuka Oba, Nao Kotani, Yoichi Shinchi, Kenji Funahashi, Shinya Oguri, Koji Oguri, Takami Yasuda: “Interactive projection mappings in a Japanese traditional house”, SIGGRAPH’18 Posters, ACM, Vancouver, Canada, No.11, pp.1-2, (2018.8)
2017.10 Shinya OGURI, Mayu URATA, Mamoru ENDO, Takami YASUDA, Kayo NOMURA, and Daisuke TOMITA: “Analysis of tap operations characteristics in elderly tablet terminal use.”, 2017 IEEE 6th Global Conference on Consumer Electronics(GCCE), IEEE, pp.525-526, (2017.10)

Misc

2019.06 小栗真弥, 水野慎士, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美: “デジタル紙芝居を用いた地域観光資源のマッシュアップ”,観光情報学会全国大会, (2019.6)
2018.12 小栗真弥, 水野慎士, 小栗宏次, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美: “エンターティメントとしての茶会におけるプロジェクションマッピングの試み”, 情報処理学会研究報告, 2018-EC-50, Vol.3, pp.1-6, (2018.12)
2018.12 小栗真弥, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美: “文化財情報の活用についての課題と検討〜愛知県登録有形文化財の台風21号被害調査から〜”, 社会情報学会中部支部研究会,(2018.12)
2018.10 小栗真弥, 水野慎士, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美: “文化財建造物の茶室を活用したプロジェクションマッピングによる新しい茶会演出の試み”, 平成30年度情報文化学会第26回全国大会講演予稿集, pp.27-30, (2018.10)
2018.09 小栗真弥, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美: “オープンデータを活用したイベント情報共有プラットフォームの検討ー国内IODD2018の実施状況とその分類手法からー”, 社会情報学会(SSI)学会大会, (2018.9)
2018.01 水野慎士, 小栗真弥, 小栗宏次, 安田孝美: “歴史的住宅内部の調度品を利用したインタラクティブプロジェクションマッピングの試み”, 情報処理学会研究報告, Vol.2018-DCC-18, No.36, pp.1-6, (2018.1)
2017.11 水野慎士, 小栗真弥, 小栗宏次, 安田孝美: “歴史的住宅の障子を用いたインタラクティブプロジェクションマッピングの試み”, 情報処理学会研究報告, Vol.2017-DCC-17, No.15, pp.1-4, (2017.11)
2017.07 小栗真弥, 浦田真由, 遠藤守, 安田孝美: “オープンデータを活用した観光情報収集手法の検討”, 観光情報学会 第14回全国大会, (2017.7)
2017.03 小栗真弥,浦田真由,遠藤守,安田孝美,野村佳代,高橋謙: “高齢者のタブレット使用におけるタッチ操作特徴の分析”, 情報処理学会, 第79回全国大会予稿集, pp.597-598, (2017.3)
2014.07 Ko Miyake, Shinya Oguri, Masahiro Takashita, Takashi Fukui, Takuma Mori, Yosuke Takeuchi and Naoyuki Sugi: RoboCup Rescue 2014-Rescue Simulation League Team Description Ri-one(Japan). RoboCup 2014 –João Pessoa– Brazil, (2014)

Award

2017.07 RoboCup 2014 –João Pessoa– Brazil Rescue Simulation League Agent Competition, 8th place, (Team:Ri-one)
2014.05 RoboCup Japan Open 2014 レスキューシミュレーションリーグ, 2位, (チーム:Ri-one)
2014.05 RoboCup Japan Open 2014 レスキューシミュレーションリーグ, 計測自動制御学会システムインテグレーション部門賞, (チーム:Ri-one)

Education Activity

2019 名古屋大学 教育補助員(Teaching Assistant)「情報社会デザイン論」
2018 名古屋大学 教育補助員(Teaching Assistant)「基礎セミナーA(映像で美術作品を制作する)」「基礎セミナーB(メディアの発達と社会)」
2018 大同大学 教育補助員(Teaching Assistant)「プログラミング入門」「プログラミング1」「プログラミング演習2」
2017 名古屋大学 教育補助員(Teaching Assistant)「ネットワーク社会」「基礎セミナーA(映像で美術作品を制作する)」
2017 大同大学 教育補助員(Teaching Assistant)「アルゴリズムとデータ構造」
2016 名古屋大学 教育補助員(Teaching Assistant)「研究のビジュアルデザイン」「映像メディア論」
2016 大同大学 教育補助員(Teaching Assistant)「情報演習Dマイコン制御」
2015 立命館大学 教育補助員(Educational Supporter)「情報理工基礎演習」「プログラミング演習1」

Event

2019.06 全国建具フェア愛知大会出展(未来の建具) 企画制作運営
2019.03 IODD2019(International Open Data Day 2019 in Handa) 企画運営
2018.11 障子プロジェクションマッピング#2(デジタル紙芝居X新美南吉) 企画制作協力
2018.08 半田市空の科学館 夏の企画展 協力・講師
2018.03 IODD2018(International Open Data Day 2018 in Handa) 企画運営
2017.09 障子プロジェクションマッピング#1(インタラクティブXお札降り) 企画制作協力
2017.03 IODD2017(International Open Data Day 2017 in Handa) 企画運営

Others

2019.08 ~ 国登録有形文化財全国所有者の会 事務局情報担当
2018.10 歩こう!文化のみち webサイト制作協力
2017.03 ~ はんだオープンデータ活用推進研究会 代表